そのままのキミが好き

~いつも頑張っているキミに、ホッと一休み、リラクゼーションを~

本当に自立した人って?

こんばんは🌛

 

今日は久々に妹に会いに来ました。

 

ぬこのマリくんと初対面でした🐈

マリくんは妹のしつけが良いせいかすぐなついてスリスリしに来てくれました(´ω`)♪

 

 

 

明日は妹と二人でUSJです♡

 

妹の旦那さんから頂いた、お揃いのリラックマのTシャツ着て行きます。

楽しみすぎる♪♪

 

 

ところで、私は精神科でレクサプロも処方されています。

 

レクサプロは主に社交不安障害(SAD)の治療薬です。

 

  

 

「私は社交不安障害です」

 

こう聞くと、この人は、日常から常に社会を恐れながら生きているような印象です。

 

 

私は違うと思っています。

 

 

私の場合、その症状を強く訴えるのはこういう場面に限ります。

 

「慣れないことをする時、慣れるまでの間」

 

逆に言えば慣れてしまえばむしろどんどんそれを楽しめるだけの余裕がちゃんと出てくるんです。

 

慣れないと、それに対して経験がないから、イメージが全くつかめない。

 

だから緊張します。

 

ある意味誰でも起こり得る普通の現象です。

 

でもそれが自分だけだと勝手に思い込みます。

 

過去に恥をかいた経験があるから。

 

そのトラウマで、自ら成長を止めてしまっているから。

 

 

でも私の場合、誰かに説教まじりに「どんどん恥をかいて乗り越えなさい」って言われると、むしろどんどん心の殻が固くなってしまいました。

 

それ故に、こういった行為自体に恐怖を感じてしまうようになりました。

 

●学校/会社に行くこと

●人と会うこと

●慣れない人と電話で話すこと

 

 

その一番の治療になったのは、精神科でもなく「理解してくれる母」の存在でした。

 

お母さんは私の社交不安についてこんな風に言ってくれます。

「○○ちゃんは慣れるまでに人よりちょっと時間がかかるだけ。今までそうだったように、慣れてしまえばむしろすごい実力を発揮する。」

 

お母さんは絶対に「変わりなさい」って言いません。

 

絶対に私の味方をしてくれます。

 

何があっても私を信じていてくれます。

 

 

精神科に通ったり色々したけど、お母さんがいなかったら私は自殺していたと思います。

 

 

でも、ちょっと前、私は一時的にそんなお母さんからあえて自分を遠ざけました。

自分の気持ちに嘘をつきながら。

 

「お母さんのこの愛情を受け取るのはただのマザコンだ。」

 

 

でも、そんなの本当の自立じゃないんです。

 

今これを読んでる人に、私みたいな人がいたら、苦い経験をした者として一つアドバイスさせてください。

 

 

自立って、単純に親と距離を置くこととは違います。

 

本当に自立した人は、親に対してこんな気持ちでいるものです。

 

「今度は自分が親になる」

 

 

よんでくれてありがとうございました。

 

またね(^^♪

 

 

 

 

のん