そのままのキミが好き

~いつも頑張っているキミに、ホッと一休み、リラクゼーションを~

私の精神科医の選び方

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

 

ちょっと私なりの良い精神科医の選び方を書かせてください。

通院している方、これから通院を考えている方、少しでも参考になればと思います。

 

       f:id:hoshininaritai319:20180911085449p:plain

 

 

私は、お医者さんを選ぶとき、医者のここをみています。

 

「患者を愛しているか」

 

 

患者を愛している医者は、患者と接するとき、「医者と患者」って思っていません。

 

「人と人」って思っています。

 

 

それは先生と話したあなた自身が一番よく感じ取れるはずです。

感覚的かもしれませんが。

 

 

一方、精神科医の中には、患者を愛せない医者も少なからずいます。

 

そういう医者の共通点はこれです。

 

●患者のためといって、うつになったのを「あなたの心が未熟だったからだ」と言わんばかりに説教する。

●患者のありのままを認められず、認知行動療法だなんだといって性格を変えようとする。

 

 

精神科医も人間だから、日頃からうつ病患者ばかりと接していて、疲れてくるのでしょう。

 

 

ただ、精神科医も人間だから、完璧ではないはずです。

 

 

うつ患者は、十分劣等感で自分で自分を痛めつけてきました。

 

その上からさらに医者が説教なんかすると。。。

 

それができればうつにはならなかったんです。

 

それができないから苦しいんです。

 

 

そこをどう乗り越えていくか、ただ説教するんじゃなく、乗り越えようと共に考えるのが患者を愛せる医者です。

 

 

医者の仕事は、患者を救うことです。

 

患者を救うためには患者を愛するべきです。

 

患者を愛せないなら医者なんか辞めるべきだと思います。

 

 

 

通院を考えている方へ。

 

うつ患者さんは真面目な方が多いです。

真面目ゆえに説教も全部聞きます。

知らず知らずのうちに通院で心の傷を深める人がこれ以上増えないように、私はただ祈ります。

 

よんでくれてありがとうございました。

 

のん