そのままのキミが好き

~いつも頑張っているキミに、ホッと一休み、リラクゼーションを~

「あの人は私を大切に思ってくれてない」~そういうあなたは大切にできてますか~

こんにちは!

今日も見にきてくれてありがとうございます。

 

今日は人間関係のことです。

 

  ç¬é¡ã§åãåã人ãã¡ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ã¨ç·æ§ï¼      ç¬é¡ã§åãåã人ãã¡ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ã¨å¥³æ§ï¼  

         ç¬é¡ã§åãåã人ãã¡ã®ã¤ã©ã¹ãï¼å¥³æ§ã¨å¥³æ§ï¼

 

人間関係って一番難しいなといつも思うんです。仕事よりも何よりも。

 

巷では「人間関係が円滑にいく方法」の本とかいっぱいあります。

ほほうって参考になります。

でもそれを身につけたからって100%人付き合いの煩いが消える日なんて来るのだろうか...

 

いやそんな日は来るわけない。

 

だっているわけないから。

100%自分と合う人なんて、合わない部分が1つも無い人なんて、いるわけないんだから。

そうやって割り切っていいんじゃないですかね。

 

そんなことより、一番悲しいのは人付き合いを避けて孤立してしまうこと。

ケンカしても、合わない人がいても、やっぱり人とかかわるのは好きでいたいです。

バカって思われるかもしれないけど、裏切られてもまた誰かを信頼したい。

裏切られるのを恐れるばかりで、誰も信じられない人生が一番悲しい。

 

人間関係はこの世で一番煩わしく、一番美しいものだから。

 

結婚相手は慎重に選ぶべきと言うけど...

結婚相手は慎重に選べと言います。

実は悪い人かもしれない、DVする奴かもしれない、結婚詐欺かもしれない...

 

もちろん、慎重に選ぶ必要があります。

将来のために、自分のために。

自分を守るのは大人としての自己管理、生きていく上で必要なことです。

自分を大事にしてくれる人、友達がいるのは大事ですから。

 

でも、ひとつだけ思うところがあります。

 

「世界は自分を中心に廻っているわけではない」んだということ。

 

当たり前のことですが、結構忘れてしまっている人多い気がします。

というか、私自身も、時々忘れそうになります。

こんな当たり前のことなのにね。

 

良い友達や伴侶を判断する際、「自分が大事にされているか」、このことばかり重視しがちになりませんか?

もちろん、そこ極めて大事です!!

 

でも同じだけ重視しないといけないよね、と思うのが、

 

「自分もその人を大事にできるか」

 

前述の通り、100%自分に合う人なんて皆無です。

イヤな部分が一つもなくて、パーフェクトに適合する相手を見つけるなんて至難の業です。

そこは、そうやって割り切っていいと思います。

 

「その人を大事にできるか」

それは、合わない部分も受け入れられるぐらい、その人が好きか、ってことなんだろうなと思います。

理屈じゃなくて、「その人が好きか」。

恋愛だけじゃなくて、友達とか人付き合い全てにおいて。

 

    é¢é£ç»å

 

みんな平等なんです。自分も他人も。

 

読んでくれてありがとうございました!

また遊びにきてね!

 

SEE YOU(^^♪

のん