そのままのキミが好き

~いつも頑張っているキミに、ホッと一休み、リラクゼーションを~

コンプレックスと向き合う勇気~発達障害も含め全てが自分なんだ~

こんにちは!のんです。

お盆が来ますね。夏休み、いかがお過ごしですか(^^♪

 

今回は「自分を肯定する」ことがいかに大事か、私なりの倫理観を綴らせてください。

 

   f:id:hoshininaritai319:20180812120009p:plain

 

CONTENTS

●コンプレックスは誰でもあるもの

●なぜコンプレックスに思うの?~自分の思考傾向を知る~

●それってほんとに短所なだけ??

●実は「コンプレックス=差別の目」でもある

●コンプレックスは次世代にも影響する

 

コンプレックスは誰でもあるもの

以前からしつこいほど繰り返していますが、やっぱり「自分を認めること、好きでいること」は生きていくうえで必要不可欠です。

 

とはいえ、誰しもコンプレックスって多かれ少なかれ持っていると思います。

別に、コンプレックスがあること自体が悪いことなのではありません。

ただ、しっかり認識してほしいのが、

 

①「自分は、自分の○○な部分をコンプレックスに感じている」

という具体的事実、

②なぜそれをコンプレックスに感じているのか

 

この2点です。

 

①ですが、実は、自分のコンプレックスに気づいてない人が結構います。

まず、自分を心の底から愛するためには、弱い部分やコンプレックスと、冷静に、心を据えて向き合う勇気がいります。

実はその勇気って決して簡単なものではありません。それもコンプレックスが強ければ強いほど。

今、「自分がキライだ」と感じている人には、ちょっとトレーニングが必要です。

無理に今すぐコンプレックスを好きになれというわけでもありませんし、それは絶対不可能です。

 

実際、私自身も学生時代なんかはコンプレックスの塊で、自分がキライでした。

社会人になってからもADHDの診断を受け、それを受け入れ、周りに公表するまでたくさん苦しみました。泣きまくりました。(ADHDについての解説はまた後日詳しくさせて頂きますね!)

周りに八つ当たりしたり、生んでくれた親を恨んだりもしました。

当時は形だけ真面目でいい子を装ってましたが、今考えたら実際は強がるので精一杯、「感謝の念」なんてあったもんじゃなかったです。

その時期を乗り越えて初めて今の自分があるのかなと、感じているところではありますが。

 

なぜコンプレックスに思うの?~自分の思考傾向を知る~

そして、②の「なぜコンプレックスに感じるのか」です。

コンプレックスって、自分が抱く「理想」「欲求」から生じます。

なぜ、自分がそこをコンプレックスに感じているのか、自分に問いただしてみてください。

そうすることで、自分の思考の傾向に初めて気が付きます。

今まで気づかなかった自分に、色々気づき始めます。

 

●「自分って割と頑固だなあ」(笑)、

●自分ってこういうところにこだわりを持ってて、そこを否定された時に傷つく傾向にあるな、

●「 自分ってこんなのが好きであんなのは嫌いなのか」…etc

 

そうして気付くことで初めて自分の「思考の歪み」がみえてくるんです。

それだけでも、大きな一歩です。          

Image result for è½ ã¤ã©ã¹ã

 それってほんとに短所なだけ??

考えてみてください。

A子ちゃんという人がいるとします。その子はとても優しい子で、いつも穏やかで、ほんわかしたオーラを持っています。お友達とけんかや言い争いはしたことがありません。

でもA子ちゃん自身は、「私、自分のほわほわして天然で人にばかにされる性格がコンプレックスなの」と泣いているとします。

「あなたはそんなA子ちゃんにどんな言葉をかけたいですか??」

 

そうです。そんな風に、コンプレックスに感じている自分を、客観的に眺めてみてください。

自分に対する「手紙」を書いてみるのもいいかもしれませんね。

あなたがコンプレックスに感じているその部分は、必ずしもマイナスなことだけではないはずです、絶対に。

 

Image result for èªå ã¤ã©ã¹ã 

実は「コンプレックス=差別の目」でもある

さらに、ちょっと厳しい言い方をすれば、コンプレックスに感じているということは、

実はその部分にたいして「差別の目」を持っているということになります。

私が自分の発達障害をコンプレックスに思うということは、

発達障害を持つ他の誰かを「差別している」ということにもなるのです。

 

「自分に厳しく他人に優しく」って言葉がありますがそれは決して「自分はいじめても嫌いでもいい」ってわけじゃありません。

というかそんなことは無理です。

心の底から「自分に優しく」できないと他人に対する思いやりの気持ちを持てる人にはなれないと、私は思います。

 

だから、繰り返し何度でもいいます。

ありのままの自分を、認めてあげてください。

嫌いな部分も含め、全てです。

 

コンプレックスは次世代にも影響する

いつまでも自分のことが嫌いだと、それは次世代にもどんどん連鎖します。

もし、いつかあなたが自分の子供ができた時、あなたが自分を愛せずに子供を愛せるはずがありません。

自分がいじめにあった時に「私なんていじめられてもしょうがない」なんて思っている人は、

自分の子供がいじめられた時も、親でありながら救うことはできません。

 

だから絶対に自分を愛することは必要なのです。

自分がキライな人に、少しでも私の想いが届きますように。

 

読んでくれてありがとうございます!

 

また会いましょう♪

SEE YOU!

 

のん